デントリペアと板金塗装はどう違うのか

デントリペアと板金塗装、どちらも車のへこみを直す事が可能ですが、 それぞれに長所と短所がありますので、ヘコミの状態に合わせて一番ベストな修理方法をお選びいただければと思います。

板金塗装の作業工程

  • 板金塗装工程

    1.左フロントフェンダーフェンダーアーチ損傷部分の修理について鈑金工程でのご説明です。プレスラインの変形や塗装の剥がれによる損傷が見られます。

  • 板金塗装前の部品脱着

    2.損傷確認鈑金や塗装をしやすいように、フェンダーやその他の部分に付属している様々な部品を取り外します。

  • 鈑金整形

    3.鈑金整形ドリーと呼ばれる金属の塊を裏にあて、表からハンマーで綺麗に成形していきます。

  • 絞り鈑金

    4.絞り鈑金特殊なハンマーを使用し適切に絞りながら仕上げをします。鉄板の変形が激しい場合はガス等を使い絞ります。

  • 鈑金完成

    5.鈑金終了歪みを広げないよう小さく綺麗にまとめ、塗装をはがした端部分は薄くテーパー上になだらかに削ります。

  • 鈑金後パテ付け

    6.パテ付けパテは可能な限り薄く使用しますが、上の鈑金工程が荒いとパテの厚みが増して、パテ痩せ、割れ、剥がれ等の原因になります。

  • 鈑金後パテ整形

    7.パテ整形慎重かつ大胆に確実な整形をしていきます。必要に応じて6~7を繰り返し行いますので、ここではかなり時間がかかる場合もあります。

  • 塗装下地処理サフェーサ塗装

    8.サフェーサ塗装塗装の下地とも呼ばれ、パテと塗装の際をなじませたり、上塗り塗装の密着性を高めたりします。乾燥にはある程度時間がかかります。

  • 塗装下地処理ラッカーパテ(スポットパテ)付け

    9.ラッカー(スポット)パテサフェーサでは埋まりきらなかったパテの粗を細かく埋めていきます。

  • 塗装下地処理サフェーサ等研ぎ

    10.サフェーサ研ぎラッカーパテをさらに十分に乾燥させてから、サフェーサと共に綺麗に研いでいきます。必要に応じて8~10を繰り返す。

  • サフェーサ塗装

    11.サフェーサ再塗装研ぎ終わったら最終的にサフェーサーを塗装して乾燥から研磨を行います。

  • 塗装下地処理終了

    12.下地処理終了この状態で粗が残っていたり、乾燥が甘かったりすると塗装後に修理跡が出てしまいます。

  • 塗装準備調色作業

    13.塗料調色調色は色によって様々ですがここで失敗をすれば色違いが露呈してしまいますので、慎重に時間をかけて行います。

  • 3コートパール塗装準備

    14.塗料3コートパールですので、左のカラーコートと、右のパールコートを用意します。ボカシ塗装やクリア塗装等の用意は塗装の乾燥中に行ったりします。

  • 塗装前のマスキング

    15.塗装ブースでマスキング塗装をしない部分に色のミストが散らないように車全体をカバーします。ボカシ塗装が必要な場合、隣接パネルを塗装する事もあります。

  • カラーベースコート塗装

    16.カラーコート塗装塗装面の脱脂を行い、カラーコートを下地が透けないようになるまで2~3回塗り重ねます。ホコリがついた場合は丁寧に取り除きます。

  • パールコート塗装

    17.パールコート塗装パールコートは塗り重ねの回数で色違いが起こりますので、調色時に決めた回数(通常2~3回程度)塗り重ねます。

  • ボカシ塗装

    18.ボカシ塗装パールにカラーを少し混ぜて、元の塗装とカラーコートとパールコートの重なり部分が目立たないよう軽く塗っていきます。

  • クリア塗装

    19.クリア塗装カラーコートとパールコートの上からクリアを塗装する事で艶を出していきます。塗料の吹き方で肌が変わりますので慎重に塗装します。

  • 塗装終了&乾燥

    20.塗装終了・乾燥2~3回塗り重ねたら時間をかけてカラーコートとパールコートをしっかりと乾燥させます。

  • 塗装後ホコリ研ぎ

    21.ホコリ等ブツの研磨塗装中に、ホコリ等の付着で出来たブツを、1000~2000番程度のペーパーで部分研磨して肌になじませます。

  • 塗装面の磨き&肌調整

    22.バフによる磨き中目コンパウンドから超微粒子コンパウンドまで、しっかりと使い分けて、研磨した部分を重点的に全体を綺麗に磨き、塗装肌を整えます。

  • 鈑金塗装完成

    23.組み付け・鈑金塗装終了鈑金前に外しておいた部品等を組み付けて【鈑金塗装】完成です。

デントリペアの作業工程

  • デントリペア(へこみ修理)前

    1.右フロントフェンダー
    デントリペア(へこみ修理)例
    デントリペア前にヘコミの確認です。塗装に『割れ』『剥がれ』等が無いかチェックし、修理の可否を判断します。

  • デントリペア前のヘコミ確認

    2.デントリペア前のご説明リフレクターボードを使用して、線が綺麗に映り込む様に修理していきます。

  • デントリペアプッシング作業

    3.デントリペア・プッシングデントリペアでは、専用の道具を使用して、ヘコミを裏側から慎重に押し出します。失敗をしたら綺麗に修理不可能となる非常に難しい技術です。

  • デントリペアタップダウン作業

    4.タップダウン作業デントリペアは、専用のポンチとハンマーを使用して、高くなった部分の調整をする事もあります。こちらも非常に高度な技術です。

  • デントリペア(へこみ修理)中

    5.デントリペア中デントリペアは、一気に裏から押してしまうと塗装が割れたりはがれたりしてしまいますので、数百回?時には数千回と繰り返し裏から押して直します。

  • デントリペア磨き作業

    6.デントリペア後に磨き作業ヘコミに伴うキズを消したり大きなへこみ修理は、磨き作業が必要となる場合もあります。
    通常のデントリペアの場合はほとんどの場合不要となります。

  • デントリペア(ヘコミ修)後

    7.デントリペア終了・チェックリフレクターボードを用いて修理後に厳しいチェックを行います。あらゆる方法でご確認していただき、ご納得いただけたら修理完了です。

デントリペアについて詳しくは→デントリペアとは?

トラストデント岡山店TOPへ