デントリペアの確認に『リフレクターボード』を採用

リフレクターボードとは?

リフレクターボード

黄色または白のプラスチック板に黒いマジック等で多数の直線を書いたシマシマ模様のボードです。 線の太さや間隔は3~5mm程度で、遠くからも確認できる様に、出来るだけ大きなサイズがお勧めです。

(右写真の黄色いリフレクターボードで約60cm×30cm程度です)

どのボディー色でも線が判別できるように黄色い板を推奨しておりますが、ダンボール等に線を引いても代用可能です。
ヘコミの修理箇所に基準となる線を多数映し込む事により、修理の前後で『見る角度』や『映り込む景色』等の条件が変わっても、わかりやすく広範囲に確認が出来ます。

基準を映す事で高精度なへこみ修理が可能

景色や光など『基準が一部しか写らない状態』で確認を行った場合、熟練した技術者でも『目立つ歪みや違和感』を見落とす事はよくあります。
トラストデントグループでは、デントリペア本来の美しい仕上がりを安定してお客様にご提供できる様に、 僅かな歪みや違和感までしっかりと判別出来る『リフレクターボード』を導入しております。

確認した時には気付かなかった違和感を後日発見して、モヤモヤした気持ちが残ってしまったなんて事の無い様に、デントリペア後は基準を映した確認方法を推奨しております。

景色では見えにくいヘコミの確認

『リフレクターボード』でヘコミの確認

実際に景色では見えにくいヘコミを、景色とリフレクターボードで比較した写真をご覧ください。
今回の例は左のフロントフェンダーにあるヘコミの確認。
景色とリフレクターボードでの確認を写真で見比べてみてください。

  • リフレクターボード

    リフレクターボード
    今回写真で使用しているボードのサイズは60cm×30cm位

  • リフレクターボードでへこみ確認

    ボードの位置
    フロントフェンダーから離して映します。50cm~1m以上程度。

  • 景色でへこみ確認

    景色での確認
    判別し難いヘコミ。実際はプレスラインに3cm程度のヘコミがあります。

  • リフレクターボードでへこみ確認

    ボードでの確認
    基準となる線が映りますのでしっかりとヘコミが確認できます。

景色では判り難いヘコミでも、リフレクターボードの基準を映す事でしっかりと判別できます。
当グループでは、お客様に『同様の方法』『その他あらゆる方法』で、細部までご確認いただきご納得いただける『繊細で綺麗な修理』をご提供できるように心がけております。

以下、リフレクターボードを使用した『へこみ修理前』と『へこみ修理後』の確認方法をご紹介です。

デントリペア前のヘコミの確認方法

リフレクターボードを使用してヘコミ修理前の確認

リフレクターボードでのへこみ確認 リフレクターボードでのへこみ確認 ズーム

へこみの部分にリフレクターボードの基準線を映して修理前の確認を行っている写真です。 へこみの状態や環境によって様々ですが、基本的に暗い方から明るい方行に向かって確認を行います。
この線が歪んで映る範囲がヘコミの大きさとなります。

デントリペア後のヘコミの確認方法

デントリペア後にリフレクターボードで確認

リフレクターボードでへこみ修理後の確認 リフレクターボードでへこみ修理後の確認 ズーム

この角度で確認可能なのは、近くから見てデントリペア後の塗装表面がゴツゴツしてないか、色変わり等の塗膜の変化が無いかのチェックです。デントリペア後にあらゆる角度から確認してリフレクターボード内のどの位置にヘコミの部分が来ても線の太さや間隔がしっかりと揃っていれば合格です。

施工例のご案内

デントリペア施工例でも明確な基準を採用。撮影の条件によって左右されないリフレクターボードで、修理前後をしっかりとご確認いただけます。

デントリペア施工例