雹害車はデントリペアで修理可能です

デントリペアで雹害車を修理するメリット

雹害によるヘコミはデントリペアで直す事で、『パテによる修正』や『パネル交換』による再塗装をせずに修理が可能です。 再塗装をしませんので、オリジナルの塗装を残した綺麗な修理を実現し、お預かりの日数は板金塗装に比べて短期間となる事も多くあります。
なによりもデントリペアで雹害車を直す最大のメリッは、ルーフパネル等の交換を避ける事で致命的な修復歴がつかないという事です。

雹害車とは?

屋外に駐車してある車や走行中の車等に、空から降ってくる無数の雹が当たる事により、車の表面に多数のヘコミが出来てしまったお車の事です。

【雹害車修理前】
雹害車は多数の雹が当たりますので車全体にヘコミが出来てしまいます。
※ボディに貼ってある黄色いテープ部分や、リフレクターボードの線が歪む部分がヘコミです。

  • 雹害車修理前
  • 雹害車修理前
  • 雹害車修理前

【雹(ひょう)とは?】

雲から降ってくる直径5mm以上の氷の粒の事を雹といいます。5mm未満のものは霰(あられ)とされています。 雹(ひょう)は雲から落下中の水滴が上昇気流によって吹き上げられ、マイナス何十度という雲の中で【凍結→落下→上昇】を繰り返して徐々に大きくなります。 やがて上昇気流で吹き上げられないほどの大きさになったり、気流の変化等で地上に落下してきます。

雹害車修理の方法は大きく分けて2つあります

板金塗装で雹害車修理

雹害車修理で一般的な修理方法だったのが板金塗装による『板金パテ整形』や『パネル交換』をして【再塗装】をする修理方法。 雹害車の様な広範囲な損傷の場合は、板金によるパテ整形が困難な為、一般的にはパネル交換となります。一部軽度な損傷部分はパテ整形も可能ですが、 交換パネルも含めて損傷パネルは再塗装の必要があります。

デントリペアで雹害車修理

もう一つはデントリペアで雹害車のヘコミを裏から押し出して修理する方法。
『板金パテ成型』による【再塗装】の必要がない為、色違いやパテ痩せ等の心配がありません。 また、ルーフ等の『パネル交換』をしない為、車両の査定額もほとんど変わらないのもメリットです。
※再塗装をしませんので、塗装に傷み(キズ、欠け、割れ等)がある場合はタッチペンでの補修となってしまいます。

『TRUSTデントリペア』でベストな修理を致します

雹害車の修理は専門チームが適切な施工と徹底した確認を行います

雹害車の修理は、板金塗装をせずにデントリペアで全てのへこみ修理が可能ですが、作業者の『ノウハウ』『技術力』『経験』等によって、仕上がりにかなりの差が生じてしまいます。
トラストデント雹害対策チームでは、国内最高水準の雹害車修理が可能な最新技術『TRUSTデントリペア』を導入し、 リフレクターボード等、明確な基準を広範囲に映した厳しいチェックを徹底しております。

雹害車修理のプロフェッショナル『トラストデント雹害対策チーム』

トラストデント雹害対策本部では、TRUSTデントリペアを極めた経験豊富な専門スタッフによる国内最高水準の雹害車修理をご提供しております。

※鈑金塗装と同様に、車輌保険や損害保険等の適用も可能です。

雹害車修理のお問い合わせ先

トラストデント(雹害対策本部):03‐3678‐2299

お急ぎの方は携帯電話(トラストデント代表・押味):090‐5794‐2114

詳しくは→トラストデント雹害対策本部公式ページへ

  • トラストデント雹害対策チーム
  • トラストデント雹害対策チーム